パワーストーンの品質

パワーストーンを買うときにまず考えるのはどのパワーストーンを買ったらいいのか、どのパワーストーンを買うべきなのか、と言うことです。今回はパワーストーンを買い求めた後、或いは自分のパワーストーンを持つようになってからの話をしていくことにします。

時々パワーストーンを買った人から、買ったばかりのパワーストーンなのに傷がついている、或いは傷物のパワーストーンを買わされた、といった苦情を聞くことがあります。そこでパワーストーンと傷との関係について説明することにします。
例えば皆さんが店やインターネット等で買い物をしたとき、もし買った商品に傷がついていたら、まずは店にクレームを言うでしょう。たとえその傷が商品の品質に影響を及ぼさないものであっても、決していい気分はしないでしょう。いずれにせよ普通の商品の場合、商品の傷はあってはいけないものだし、望ましくないことです。
ですがここで注意しておいていただきたいことは、他のアクセサリーなどとパワーストーンとの違いとして認識しておいていただきたいことがあります。パワーストーンはそもそも天然の鉱石という事です。パワーストーンは土中から採集された天然石であり、そもそもが自然のものです。従ってたとえ表面に傷がついていたとしても、それはごく自然なことだと言うことを皆さんには理解してほしいと思います。
確かに表面に傷ひとつなく、きれいに磨かれたパワーストーンは麗しく、そして目を引きますが、たとえ表面に傷があるからといって、そのパワーストーンの効果に悪い影響を及ぼす等といった事は決してありません。表面が綺麗なものであっても、或いはパワーストーンの中に何かが入っていたりするものであっても、はたまた表面に傷のついているものであっても、パワーストーンであることに変わりありません。寧ろ見た目に少々難点があっても、それこそがまさに天然石の証だといえます。そして場合によってはそうしたパワーストーンが強いパワーを宿している事もあります。ちなみにこうした現象を、パワーストーンに関する専門用語ではインクルージョンと言います。


パワーストーンにつけられたランク

何度かご説明したように、最近はパワーストーンや天然石などを扱う店が増えています。そして多くの店ではパワーストーンの品質についてランク付けをしています。例えて言えば、お茶の葉に特級とか一級とかのランクがあったり、ホテルが星の数によってグレード付けされているのと同じようなものです。
パワーストーンの品質表示に関して言えば、例えばAAやAAA等のようなランク表示がされています。勿論パワーストーンを扱う店によって異なる表記方法があります。ちなみにここで挙げたAAやAAAなどの基準自体も、個々のお店が選定したパワーストーンの品質基準表示ということになりますので、お店にあるAAAのパワーストーンが、他の店のAAのパワーストーンよりも良いという保証はまったくありません。

傷の話に戻りますが、先ほどお話したように、たとえパワーストーンに傷があったとしても、多少の傷であればそのまま使っても全く問題ありません。大切にそのパワーストーンを使えばいいのです。しかし、どうしても気になるようなひどい傷の場合には、傷ついたパワーストーンのみを交換して作り直す事が出来ます。また傷ついたパワーストーンの交換については、パワーストーンの持ち主が単品で購入をして自分で作り直すこともできます。またパワーストーンの店によってはパワーストーンの修理サービスを行っているところもあります。
ここで紹介したのはあくまでパワーストーンの品質基準とその表示方法、並びに修理などの対処方法です。何度もお話していますが、パワーストーンは心が大事、そしてパワーストーンの持ち主との相性が大切になってきます。従ってあまりパワーストーンの品質や傷のあるなしにばかりこだわるのではなく、本当に皆さんの好きな、気に入ったパワーストーンを求めることをお勧めします。そのパワーストーンに対する皆さんの愛情、愛着さえあれば、パワーストーンはきっと皆さんの気持ちに応え、より一層の美しさと輝きを放ってくれるでしょう。

また、パワーストーンは長年利用すると破損や変色が起こりますし、浄化をしないと余計な力がかかってパワーストーンの効果を充分に発揮できなくなります。

注目サイト

最終更新日:2016/5/11

Copyright(c)2008 Power Stone Manual. All rights reseved.